A house full of "FUN"

好きを楽しむ家づくり

THOUGHT 志賀工務店の想い

HOME > 志賀工務店の想い

地域で必要とされる会社

一度契約したら、最後まで面倒をみないと気が済まない!
大きな会社にするのではなく、長く継続できる会社、地域で必要とされる会社でいたい。

顔の見える関係で好きになったお客さんとはトコトンやっちゃう方ですね。家は建てるまでが面白いです からね。
3ヶ月なり、半年なりかけて、ゼロから無いものを作っていく。
これは予算が無いから やめましょうかとか、そんなことも笑いながら話しているのが面白い。
だから、建て始めると やっぱり早く感じるし、そういう充実した時間が終わっちゃうのが寂しく感じると言われること が多いです。
それまでの時間が楽しいんでしょうね、注文住宅は。

代表 鈴木亜樹久

自分もその家にはやっぱり愛着がわきます。この家、自分が住みたいなって思いますからね~不思議なもので。時には、渡したくないと思うことすらあります(笑)。自分で作りなが らいい家だなぁって思っちゃうんですよ。

さっき好きになったお客さんとはトコトンやっちゃうと言いましたが、僕はわがままだから、お 客様と合わないなと思ったらお断りすることもあります(笑)。なぜなら、いいものは出来ない ですからね。腹を割って話せないと建物もいいものは出来ないです。それに、家は建て終わって からもまだ仕事は続きます。一生付き合うわけですから、仲良くできて、一緒にご飯食べたり、建 て終わってからも遊びに行けたりする関係でないとメンテナンスもうまくできないです。

地域で必要とされる会社でいたいんです。 大手メーカーの場合だと、営業マンと仲良くなって契約しても、契約したらさようならじゃない ですか。でもそういうことはイヤですね。一度契約したら、最後まで面倒をみないと気が済まな いです。 だからたぶん大きな会社にはならないでしょうけど、そのかわり長く継続できる会社でいたい。地 域で必要とされる会社でいたいんです。

コーディネーター兼アドバイザー 渡邊悠斗

営業が居ないから本音で話せる、一度担当したら完工までアドバイザーがサポート 不安のない楽しい家づくりを提案したい!!

ファンナハウスには営業という立場のスタッフは居ません。 打ち合わせは設計士やコーディネーターが完工までお付き合いいたします。 他の住宅会社であるような営業との打ち合わせが終わった後は設計士と打ち合わせ、その後は コーディネーターと打ち合わせと、お客様がまた一から思いを伝える煩わしさがありません。

ファンナハウスでは最初から最後まで同じ設計士もしくはコーディネーターがついて打ち合わせ を進めるので、お施主様の思いを理解して進めていきます。 営業や設計、コーディネーターとたらい回しにされないので安心。

ファンナハウスは皆様のアドバイザーとして同じ目線で、同じ立ち位置で思いを汲み取りながら 楽しい打ち合わせを進めていけたらと思っています。 家は人生で大きな買い物です、苦しい、辛いよりも、楽しい想い出に残る家づくりをご提案いたし ます。