断熱材 何がいい?

こんにちは‼︎

“クリエイターが提案するこれからのデザイン住宅”

ファンナハウス渡邊です‼︎

ここ最近天気がなんだかぐずついていますね。

明日からまた寒くなり、午後から雨、一部では雪が降るそうです、、、

この辺りは雪が降らないので降ってくれたら嬉しいな‼︎

今週も楽しく行きましょう‼︎



今日は断熱材について、、、

断熱材って色々あって悩んだり、これがいい‼︎これはダメ‼︎など

各会社が言っていますよね。

断熱材は

無機繊維系(グラスウールなど)

木質繊維系(セルロースファイバーなど)

発泡プラスチック系(硬質ウレタンフォームなど)

天然素材(ウールブレスなど)

と色々あるんですよ。



よく取り上げられるのが

●無機繊維系(グラスウール)

●発泡プラスチック系(硬質ウレタンフォーム)

この2つはよく取り上げられます(以下グラスウール、ウレタンで紹介)。


お客様から聞くのは「グラスウールって気密取れないんですよね、だからウレタンの方がいいです」。

こんなことをよく聞きます。


ウレタンの場合、業者の方が施工してくれるので均一に吹くことができます。

また、しっかり吹けているか検査などもしているので安心感があります。


グラスウールの場合多くは大工さんの施工になります。

袋に入ったグラスウールをどんどん壁にはめ込み施工します。

その時、筋交など施工しにくいところが隙間の原因になっています。

ですが最近のグラスウールも気密に強くなています。

実際ファンナハウスでもグラスウールを使用し気密測定で0.5を出しています。

なので“どちらがいい”ではなく、“どちらがあっているか”で考えると選びやすいかも、、、


ファンナハウスではグラスウール、ウレタンどちらも扱っています。

どちらが合っているか?

是非ご相談ください‼︎







0件のコメント

最新記事

すべて表示