安全・快適あってのデザイン

ファンナハウスでは安心して

永く住まうために全棟耐震等級3を

取得しています。

土台は剛床工法を使用、躯体の

接合部分の強度を高めるため耐震金物を取り付けております。

耐震等級3は災害時の救護活動の拠点と

なる消防署、警察署などの建物の基準になっています。

また地震保険割引の対象にもなります。

躯体 耐震等級3 木造軸組構法

-断熱材-

夏は涼しく、冬は暖かい一年を通して

快適に暮らしてほしい、そんな思いから

ファンナハウスでは標準で吹付ウレタンを使用しています。

吹付ウレタンで断熱することにより隙間なくぴっちりと

施工することができ、

しっかりとした保温性を保持することができます。

-サッシ-
サッシは高性能な複合サッシを

採用しています。

ペアガラスに日射熱を50%以上

カットするLOW-Eフィルムを

施しています。

-気密測定-

全棟気密測定の実施を

しています。

気密値は断熱性能と同じぐらい大切で

お家の隙間がどれだけあるかを

数値で見る試験です。

ファンナハウスでは国が定めた

高気密住宅の基準よりも圧倒的に

低い気密測定値C値0,6cm²/m²以下を

基準としてそれ以下の数値で

提供しています。

快適に住まうためにファンナハウスは以上の仕様で断熱等級4以上の高性能住宅を提供いたします。

断熱・気密性

-地盤調査-

ファンナハウスでは建物を

建てる前に、

地盤にどれぐらい強度があるか

調べます。

地盤が軟弱なまま建物を建てると

不動沈下を起こしたりする可能性が

あります。

しっかりと安心して住まうために

全棟実施し、軟弱な判定が出た場合、

適切な改良を行い安心な地盤を

提供いたします。

-強固な基礎-
基礎は地震の揺れを直接受ける部分

です。

安心して暮らしていただけるように

ファンナハウスではベタ基礎を

採用しています。

さらに安心していただくために全棟基礎の構造計算を実施しています。

家の形が違えば負荷がかかる部分も

異なります。

しっかりと計算し負担のかかりそうな部分は鉄筋を増やしたり、太いものを施行したりします。

安心して住まうためにしっかりと

計画します。

​地盤と基礎

地元に根付いて半世紀

培ってきた技術で

​安全・安心・快適な家づくりを

ご提供します

ファンナハウスでは

SE工法も取り扱っております

構造・工法

FUNA HOUSE

​ファンナハウス

​志賀工務店株式会社

〒481-0013

愛知県北名古屋市二子双葉43−2

TEL 0568-27-7073

FAX 0568-25-3560

© 2022 By  FUNA HOUSE

​春日井モデルハウス

TEL 0568-48-2333

〒486-0964

愛知県春日井市宗法町字知光院46番34

  • Instagramの - ホワイト丸
  • YouTubeの - ホワイト丸